スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


ヨガ、ギンギン、ベッドマット

体がかたいでお馴染みの僕だが小学校の頃でさえ屈伸をして下まで指が届かなかった。
届かないのはこの恋心だけにして欲しいとは全く思ってもいなかったが、なんだよ、人より固いのは腰かよ!とか思ってた。
そんな自分を知ってはいたのでたまに家の近所でヨガとかやってる。

昼間にプラプラヨガなんてやってる若者はどう考えても少ない。
当然まわりはオバサンだらけだ。
ヨガはご存知の通り、呼吸法によって気を取り入れながらゆっくり無理なく体をのばしていくので、あんまり疲れないし
言われたことをやっていけばいいのでかなり楽勝で気持ちが良い。
ついでに気孔とかもやったりするのだがこれまた気持ちが良い。
気孔は怪しい感じがする人もいるかも知れないが、イメージトレーニングと同じで一種の思い込み療法だと僕は思ってる。
病は気からだ。
地球のパワーがどうのこうのというよりは、いかに思い込むことが出来るかが勝負の決め手だ。
それでよくなればどうでもいい。オレがパワーだ。
ちなみにそこの近くにもう一件かなりディープなヨガ教室がある。
インドのポスター貼りまくってて、それこそわけのわからない神様主宰会合のチラシとかが乱雑に貼ってある。
(別にインドに恨みはないです。尊敬すらしています。念のため)
たむろしている人たちはそれこそ、そんな雰囲気がとても良く似合う人たちで、良くも悪くも東洋趣味ッ気満載でスノッブ感あふれるの白人と、やけにフランクな国際派の日本人の集まりみたいな雰囲気。
たむろしているその人たちは一種異様なオーラをかもしだしながら入り口近辺で大声で喋くりまくってる。
嫌でも聞こえてくる話に耳を傾けてみると『知的カオスのエネルギーのおかげで身体も心も新鮮宇宙だね。キャハッ!』みたいなことだ。
まぁそうだろう。そんなギンギンな目をして話す話題でもない。
そんなことは誰もが生まれた瞬間から知っている。
ドヨーン目の人も恐いがギンギンの人はキモチウザイです。
こんな僕にはやはりオバサンと共にちんたらやりながら家で独学というのが似合っているようだ。
斬新な新型を考えてみたり、ライブに取り入れたりは出来ないものかと考えたり。
(まずはベースのカトーあたりにやらせてみよう)
名前の付いた神様とそれに群がる仲間意識をもったギンギン人は生まれ変わってギンギン星で仲良くしてください。
僕は間引かれて結構。おもしろい格好でカラダをのばしたいだけなので。

ヨガといえばちょっとしたエピソードをひとつ。
僕の事をこの世に放出した女性、すなわち母アツコは僕が小学校の頃渋谷のヨガ教室に通っていた。
会社の帰り道で同僚達と通っていたのだが、そのヨガ仲間の一人に美しく気立てのよい若いOLもいた。
しかし何ヶ月かやってるうちになんだかウサン臭い臭気をその教室に敏感に嗅ぎとったアツコは、そのヨガ教室に行くのを止めてしまう。
その後、その美人OLと同僚の何人かはそのまま続けることになる。
そしてなぜか一人、また一人と会社を辞めていったそうだ。
それから10数年後、、、。
彼女はあの教団のNO,1美人女性幹部として逮捕されることになってしまう。
美人以外の当時の同僚の人も何人かいたという。
たまたま実家に帰っていた時、当時大騒ぎだったあのニュースを二人でみながらアツコはものすごぉい普通に、
『あららららら、○○ちゃんじゃないの、まだいたの、、、いい娘だったのにねぇ』と呟いた。
ほうきかなんか持ちながらだ。
たぶんその後、何もなかったかの様に掃除を再開した。
普通にだ。さすが百戦錬磨のアツコ。
そんなことじゃ全然驚かないらしく、僕だけが『エッ!マジ!マジ!マジ!』と、このものすごいネタを前に腰をぬかしていたのを覚えてる。
この女はかなりの人生のヤリテで、嫌がる僕をまだ空爆の後が生々しく残るベトナムへ観光旅行に連れていったり(ベトナム戦争後初めて訪れた日本人の子供として熱烈な歓迎を受けた。新聞とかにも載ってとても恥ずかしかった)
クーラー買うくらいだったら世界各地をまわったほうがマシとばかりに、各地を訪問している。
どうですか調子は、アタシ来ましたけど、、、という具合に勝手な訪問人生を展開している。
(この間は世界で唯一軍隊を持たない国、コスタリカに行ってきたらしい)
関係ないが僕が20才くらいの時、金に絡む僕のノラリクラリとした言い訳に突然キレたアツコは、冷蔵庫にしまおうとしていた卵をいきなり全て投げ付けやがった。
『そんなアンタがキライなのよぉー!』と発狂しながらだ。
僕はその時持っていた白いストラトでガードをしたため難を逃れたが女性はキレると恐いという教訓をもらった。
そのギターは未だ卵のカスが取れないままだ。
そんなアツコの全体的な印象としては黒柳徹子を少しだけマイルドにした感じと思って頂いてけっこうだ。
ちなみに実家には未だにクーラーがない。東京です。

さて年を深く重ねたまわりの人間が『腰が痛い、腰が痛い、、、』と嘆く中、僕は何処吹く風だったのだが、とうとうこの間の年末にかるい違和感を覚えた。
もちろん腰にだ。決まってる。
暇な僕もさすがに野球選手並みに大事を取るわけにもいかないので『まぁ今まで何も無かったんだから楽しんでやろう』ぐらいの気持ちで日々を過ごしていたのだが、ある日とうとう起き上がるのも困難な朝がやってきてしまった。
すわっ、一大事!とばかりに近くの保険のきく接骨院にカラダを引きずりながら行った。
たぶん前日のヨガをハリキリすぎたのがよくなかったぽい。
ハリキルとこれだから嫌なのだ。
そこはバイクで事故った時にいっていたところで馴染みの店だ。
致命的に何かが欠如しているであろう史上最悪に愛想の悪い受付の女と、染色体の数が確実に1本少ないであろう院長の適当な診断でもお馴染みなのだが、案の定診察を受けたら腰が痛いと言っただけで体を見もしないで『あぁそれは腰痛だね』と言い放ち『じゃぁ2階寄ってく?』(2階はマッサージルーム)といつもの台詞を言うだけだ。
もし僕が腰になんらかの新ウィルスなりを抱えてたらどうするつもりだ!
とも思うが、確実に腰痛なのは自分でもわかっているので素直に従う。
院長曰く、僕の場合あまりに体が固いので今まで気づかなかっただけで、癖にするともっと大変なことになるそうだ。
肩凝りとか全くなかったのも固すぎて判らなかったらしい。
その話は今でも理解不能だが、なんか知らんが超越してたのであろう。何かがだ、、、。
2階ではまともな接骨士の方々がそんな院長の診断で次々と上がってくる患者さんのマッサージをもくもくとやっている。
まずそこでは赤外線を患部にあて10分、ベッドに横たわり電気治療に10分、最後にマッサージを10分。帰りにお土産とばかりに湿布をもらって¥360。

悪くない。

院長は診断をしたら違う怪我をするまでもう会うことも無いので、あの受付の女さえクリアーすればなかなか悪くないのだ。
最近はあの女の心をどうやったら解放出来るのかという余裕すら生まれている。
いつか如来になるサトウヨシヤグループのドラマー上田さんと対決させてみたい。
上田さんならあの女の心を解き放つことが出来るであろう。
あばよくば自分もそんな人間になりたいのだが、まだまだ修行が足りないようでそこには至って無い。残念。

それはそうと最近とうとうベッドマットを買った。

人間、欲望、野望の為の物にはほいほいお金を出すがこういう微妙な買い物にはなかなか手が出せない。
また今度でいいか、と後手後手になってしまう。
ふだんすこぶる健康なものでこのようなことにお金をかける意識はまず無い。
しかし今のは10年近く使ってるし、どうも腰が痛いのはこいつのせいじゃないかと、頭から離れなくなってしまったのだ。
こいつは前の家に引っ越して来たうららかな午後に街並に立て掛けてあったのを黙ってもってきた。
捨ててあるのだろうと思って。
友人はそれは干していたのではないか?というが、そんな気もしないではない。
少し心が傷む。
さぁお日さまの匂いの中で今夜は寝よう!とはりきって取りに来たらそこには何もなかった。
なんて想像するだけで申し訳ないと思うが、当時絶対これは廃棄物とふんでたのでたぶんそうなんだ。うん。
そこで僕の全ての体液を吸収し尽くしたマットに別れを告げ新しいやつに乗り換えることにした。
安いものではないのでいろいろ比較検討し購入。
特に健康機具は足下みて吹っかけてる場合が多いので慎重にことを運ぶ必要がある。
明日届くのだが買ったからには待ちどうしくて仕方が無い。
あの店で感じた寝心地が家にやってくると思うといてもたってもいられない。
なんせアンケートの1番好きな場所はベッドの上だからね。
きっと素敵なベッドライフになることだろう。
で、来た。寝た。起きた。
あれっ?腰が痛い。おかしい。どうゆうことだ?
しかし痛いのは朝だけで少したつと治ってくる。
前のやつは朝から晩まで痛かったがこいつは朝だけだ。
一歩前進なのか?ウーム、、、。
わかった!きっと身体が前の沈みこむマットの形に変形してしまい、このマットで矯正してくれてるのだろう。
そうだろう。
きっとそうなんだ!
そうでないとこの買い物は救われないじゃないか!
それを証拠に少し背が伸びた気がする。
シャキーンって姿勢よくなってるから背が伸びたんだ。
やった!背が伸びた!念願の長身だ。
スラリとしたハンサムガイだ!
まいったな。4、5年前にも自然に二重になっちゃったし。
しかし少しくらいブサイクじゃないと唄に説得力なくなっちゃうね。
まぁいいか、俳優になってゆくゆくの為に監督業の勉強でもしよう!
そうしよう。良い考えだ。うん、素晴しい!
未来に一点の曇りもないグッドアイデアだ。
買ってよかった。あぁ買ってよかった。

スポンサーサイト

SANBUN |


| TOP |

カテゴリー

+Link+

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。