FC2ブログ
二月の革命

ふたりはふたりにしかわからない理由で生きていた
ふたりはふたりの持ち寄った大切な物に囲まれて
ふたりはふたりしか知らないレシピで食事を済ませた
ふたりはふたりの出会った偶然を当然信じた

しかし別々の夢をよるになると見てしまうのは
ある種純粋な共鳴の乱反射みたいなものであって
それくらいはいいだろう

ふたりはふたりにしか理解できない言葉で話し
ふたりはふたりにしか読み取れない顔で笑った
ふたりはふたりの秘密を2月の革命と名付けて
ふたりはふたり以外の全てを拒絶し始めた

しかし別々の夢をよるになると見てしまうのは
ある種純粋な共鳴の乱反射みたいなものであって
それくらいはいいだろう

ふたりはうつろう季節にも気づかないまま
ふたりは化石のような心を磨き続けた
ふたりは崩れゆく顔を見つめあって
ふたりは工夫をこらしたキスを重ねた
ふたりは眠る前に小さなお祈りを捧げた
ふたりは同じ夢を見るという完璧を求めた
ふたりはいつ果てるとも知れぬ夜を恨み始め
ふたりはある日静寂の暮らしに軋む音を聞いた

しかし別々の夢をよるになると見てしまうのは
ある種純粋な共鳴の乱反射みたいなものであって
それくらいはいいだろう

しかし別々の夢を夜になると見てしまう矛盾に
深く悩み過ぎたふたりの出した唯一の方法は
夢の中で生きることだった


遠雷の鳴る夜にふたりは初めて傷つけあった
暗闇のナイフは差し込む窓明かりに時折光り
悲しみとか痛みとかそんな陳腐な感情を越えて
神聖な儀式の様にその作業は丁寧におこなわれた
ようやく膝を落とした女の後に男も崩れ落ちて
無言の微笑みを口元にひっそりとしっかりと浮かべながら
赤く暖かい血の海で丸まって手をつないで待ってる
薄れゆく意識の中素晴しい未来の到来を予感しながら

スポンサーサイト



Liric 目を閉じることを忘れてしまった/サトウヨシヤ |


| TOP |

カテゴリー

+Link+

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード