スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


祝!HP開設一周年!

激しく浮かれた季節がまたやってきた。
ちょうど一年前そんな緩い温度の中に浸っていた僕の電話が鳴った。

エミールからだ。
エミールとは数年会っていない時期もあったが彼女の結婚パーティーをうちの店でやったのを機会に、また連絡を取るようになっていた。
エミール「ホームページを作りたいんだけど、、、」
オレ「エッ?誰の?」
エミール「ヨシヤの」
オレ「、、、、、」
エミール「、、、練習がてら」
オレ「、、、よくわからんけどいいよ、、、」
こうして始まったHPの作成は驚異的なエミールの作業スピードとアイデアであっという間にアップされ、最初はSANBUNだけ文章の練習がてらにでもやればいいか、と思っていたのだが、彼女の「そんなことじゃ誰も食いつかないだろが!ボケ!」の言葉に圧倒され今日に至っているのだ。
このHPも一年前から見るとかなり成長したもので自分でも驚いているのだが、これも全てエミール様のおかげである。
一年前の合い言葉は<NASAに追いつけ>であったがNASAの膨大な人数と比較すればほぼ互角と確信している。(ほんとか?)
少なくてもこれに関する支出は完全にこっちが上だ。

個人の力がどこまで通用するか、僕はいつもそれを考えて生きて気がする。
小学生の頃にすでに大学は行かないと決め(意味不明)じゃぁ何をやるんだと問われたら何もないのだが、子供心に一般社会のレール(死語)には乗りたくなかったのだろう。
しかし憧れていたのは小学校の頃は七曲署のデカであったり、ヘリのパイロットであったり、コックさんであったり、まぁ特に突出する考えがあるわけでもなく一般的な子供であったりするのだが、、、。
そして中学校にあがると逆に何も考えなくなり毎日体育会系の部活に打ち込み、さらに高校へ行くと本気で麻雀で飯が食えぬか考えたり、、、。
結局はバンドのメンバーを捜すためと今後の役に立つかもくらいな感じで蒲田の音響学校に行くが、夏休みでドロップアウト。
それ以後、毎日が夏休みの日々を過ごしている。
幸運なことにやりたいことをやりたいだけやっては来たが、そろそろ絞っていかないといけない時期に来ていると最近感じる。
それは無駄なくダラダラ生きてきた者としても感じる、どうしようもない選択なのだ。
10年前に携帯も持っていなかったことを考えると10年後の自分や世界の状況は未知であり、むしろ今より早いスピードで物事が進化していくのは必至だ。
そして10年後もこのダラダラした生き方を続けるためには、きっと捨てる物は捨てシンプルな道筋で行かないと到底かなわない。

出来ることを見極めそれに向かって突き進む。
そのくり返し。
くり返しというものは適度にくり返せば笑いにもなるし、長くやれば気持ち良くもなるグッドアイテムである。
この世の全てはくり返しで成り立っているといっても過言ではないだろう。
くっついて分裂しては、またくっついて。
そしてそれを限りある回数重ねると終了だ。
なんてわかりやすくて美しい構造!
壊されると納得しつつも作り続けるあがきから生まれるしゃれた世界を、わざわざ自らの手で壊す必要がどこにあるのか?

世界は今日も狂ってる。

スポンサーサイト

SANBUN |


| TOP |

カテゴリー

+Link+

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。